早稲田大学に入ってもらいたくて小学校から受験対策をさせました

両親ともに早稲田大学出身で、今住んでいるところからそう遠くないところに早稲田大学があります。そういう理由から、いつか子供が大学受験をするときには早稲田大学を受けてほしいなという思いがあります。また、自分の経験から、中高一貫校へ入った方が、6年間を通した友情が育めるし、学校の授業だけでも大学受験レベルまで到達するというのが分かっていたので、子供にも中学受験はさせようと考えていました。
子供が小学校4年に上がった時には、中学受験対策で有名な進学塾に入れました。そこの受験対策は熾烈で、たくさんのテキストや宿題が出され、計画的に進めなければすぐについていけなくなるスパルタ教育で有名でした。親のサポートは必須で、塾の無い日でも机に向かわせて宿題を解かせ、塾の日には送り迎えをしていました。塾の受験対策が厳しく、泣き言をいう日もありましたが、なんとかなだめすかして塾に行かせる日が続きました。そんな日もありましたが、地道に続けていたおかげで学力はついていたみたいで、志望校にも合格できました。